categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryBaby*

安産祈願に行ってきた*

trackback0  comment4

<大本山・中山寺/週末、18日に安産祈願に行ってきました*>

本当は5ヶ月のうちに行きたかったのだけど、
主人の出張の時期も重なって、
一緒に行けるのが6ヶ月に入ってからとなりました。

出身が違うので、どこでお参りするなどの情報は、
地元住民?の主人の親類に伺って決めました。
近くの神社とかでも出来そうだけど、
せっかく行くのだからオススメな場所に行った方がいいのかな~と(笑)
両家の宗教的な問題はさておいて…(いいのか?)
嫁の私は、主人の家族のオススメの所に行く方がいいのかと、
「大本山・中山寺」に決めました。
歴史的にはかなり古いお寺のようで、
『たまごクラブ』にも1ページ広告が出ている程有名のようでした。
歴史に弱い私には、細かい事はわかりませんが…;
聖徳太子がナントカカントカ…

お参りする場所を実家に合わせたら、
宗派の違う所ナンテ…ってことになってしまうしもめる元;
特別熱心な信者じゃないけど、
個人的な感情としたら、お墓を守るお寺の慣れ親しんだ所の方が、
安心な気もするんだけど…;
でも、この子は主人の方の家系になるのだから…
私の実家に合わせるのはおかしいのか~と思ってみたり…。
少~しだけ複雑な心境でした。

「どこでもお参り派」の方にしてみたら、
ご利益があればどこでもいいじゃん!となると思いますけど、
私が気になってしまうのは、
母からそういう風に育てられちゃったせいでしょうね。
…とか言って、海外に行ったりしたら、
教会に入って神聖な気分にもなるし…私も適当なのですね(笑)

初めての「中山寺」は、意外と大きくてビックリ!
この日はとてもいいお天気で、風もなくポカポカ*
歩いていても気持ちがよかった*
参道までの道は結構狭いのだけど、参拝者が多いようで、
階段の多いこのお寺には、
階段の横に "エスカレーター" が設置されていました。
お年寄りに…というのもあるだろうけど、
特にニンプさんにもありがたい環境だとは思いました。

主人の両親と私達夫婦は、立派な建物を見るたびに…
「お金かかってんなぁ~;」
「儲かってんなぁ~☆」
と、現実的な言葉を発していました(笑)

特に営業の頭を持つ主人の…
「オ!…このお線香…1本10円もするのかぁ…;
 利益率高過ぎる!」
と言う言葉には、正直笑えました。
まぁ…ご利益代とでも考えないとねぇ…そこは…(笑)

安産祈願には2種類あって、
「安産祈祷/7千円」「安産特別祈祷/2万円」がありました。
ウチは、モチロン…前者(笑)
主人の父は、後者のを頼もうと言ってくれたのですが、
私も義母も"家計を守る女"ですね。
「普通のでイイ!普通ので!!」と言い張りました(笑)
…ケチ?

確かにこの2つには、違いはあります。
「安産祈祷/7千円」の方は、申込書を出したら、
●腹帯1本●お守り●お札(後日郵送)がいただけます。
そして、お参りは申込書横の本堂前?で
"自由に好きなだけお参りください的なスタイル" となっています。

正直、一家全員「これだけ?」っていう感じでしたね(笑)

「安産特別祈祷/2万円」の方は、申込書を出して、
●腹帯2本●お守り●お札(後日郵送)がいただけます。
…ただし、祈祷時間が決まってますし、
祈祷場所も"別室"で行われるようです。
もちろん、その後に念には念を入れて、
"自由に好きなだけお参りください的なスタイル" を
プラスしてもいいでしょうね(笑)

本堂手前にある…お線香がたくさん並んでいる場所
(1本10円のお線香とその他ロウソクなどもある)で、
主人が1本だけお線香を買って火をつけ、
主人は"自分に"、義母と私は"私のお腹に" 煙をかけていました。

ちょっと旦那さん…今日は何のお参りなの?(@o@;)/

たまたま横にいたお婆さんがニコニコ笑ってこちらを見ていたので、
義母が「初孫なんです*」とこれまたニコニコ話しかけたので、
主人は照れくさそうに「もう~、いいから;」と止めていました(笑)
私はただただ…笑うだけ(^_^;)

何よりご利益がありますように!…それだけです。

中山寺のカフェテラス?で、「蓮の葉おこわセット」を食べ、帰宅。
帰宅後、腹帯に性別が書いてあると聞いていたので開いてみると…

『戌年 男』

…とありました。
親類の話だと、コレの反対の性別になるとか。
(なら最初からそう書けばいいのに…。)
ちなみに、以前病院でまだ不確かだけど
「女の子かも…」と言われた事を思い出し、
まんざらでもないのか?…とも思いましたが…。

★ちなみに親類は、中山寺で「安産祈祷」した時、
 今まで全部性別が当たっているのだそう。
 1/2の確率とはいえ、ちょっとスゴイカモ*

〔テーマ:ブログ日記ジャンル:ブログ

 
e-108チッチさん
「産まれてくる子の性別」の文字は、
昔はなかったのかもしれないですね。
書いている場所は"腹帯の中"で、
プリントではなく、ちゃんと筆文字で書かれていました。
文字がにじまずよく書けるなぁ~とか思ったりして(笑)

「西国三十三番のお寺」をまわられているんでしたよね。
そういえば何かに書いてあったのを見ました。
「チッチさんも、来たことあるのかな?」と、
ふと…その時思いましたよ(笑)
行かれる時、お天気がいいといいですね*
私も、二人目の時、
母が中山寺で安産祈願の腹帯とお札を貰ってきてくれました。
もう随分、大昔のことになりますがe-441。。。
産まれてくる子の性別なんて書いてあったかなぁ?

奈良では、皇室御用達の帯解寺が有名です。

ここは、西国三十三番のお寺ですよね。
そのうち、お参りに行かなきゃ。
安産祈願じゃないですよe-455
e-108きゃっするさん
2人で過ごせるのは、
ホント…今のうちですよね*
何かするたびに、そう思います。
今年の「お花見」だって、2人で行くなら最後だなぁ~*
シミジミ…***
安産祈祷ですか(^-^)/
随分前のことなので
ちぃっとも覚えてないのですが
行った事だけは覚えてます。

何度も言いますけど(しつこい?)
2人だけで過ごせるのは今のうちだけですよ~









        
 
http://beeblog.blog10.fc2.com/tb.php/97-e71d7b03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。